冷えとりグッズに保温タイプの水筒やボトル

エコな生活をするためにマイ水筒、マイボトルを持つ人がいるようです。簡単にしようとするなら使用済みのペットボトルを洗浄して使うことがあるかもしれません。ただしペットボトルはすぐに外気の影響を受けます。夏は冷たいものがぬるくなり、冬は温かいものが冷めます。冷えとりグッズとして利用するのは、保温することができる水筒やボトルです。以前は保温しようとすると魔法瓶しかありませんでした。大きい割に量は入れられなく、中がガラスなので壊れやすかったです。最近はステンレス製が主流です。こちらなら自宅で温かい飲み物を作って入れておけば常に温かい飲み物を飲むことができます。その他カフェなどで温かい飲み物を注文して入れてもらえば温かい状態をキープすることができます。冷たいものだと体が震えることがありますが、温かい飲み物を飲めば温かく感じることができます。

冷えとりグッズにチタンが練りこまれたバンド

金属にはそれぞれ熱伝導率と呼ばれるものがあります。それによって熱しやすい、冷めやすいなどがあるようです。銅などは熱伝導率が高いとされています。ですから高級な調理器具などに用いられることがあります。チタンも熱伝導率が高い金属になります。冷えとりグッズとしてチタンが練りこまれたバンドがあります。バンドなので手首や足首などに巻いておくことができます。このバンド自体が発熱をするわけではなく輻射熱を利用します。自分の体温がバンドに伝わり、その熱を受けて温かく感じることができます。一般的なグッズは体の大部分を覆ったりするのでファッションに影響することがあります。痩せて見せたい女性にとってはあまりうれしくありません。しかしこのバンドは手首などに軽く巻いておくだけで手先、足先まで温めてくれます。ファッションに影響しにくいグッズと言えます。

USBで電源が取れる冷えとりグッズ

オフィスなどではパソコンを使いながら仕事をしている人も多いでしょう。自宅で情報収集をするためにパソコンを使うこともあるでしょう。パソコンと外部の周辺機器を接続するときにはUSBを使うことがあります。プリンタやDVDドライブなどに接続します。通常はパソコンとの情報をやり取りする機器と接続をしますが別の用途でも使えます。USBは実は電気のやり取りも可能です。実際はパソコンが持っている電気を接続している機器に流すことができます。その電気を使った冷えとりグッズを使うことができます。オフィスなどで便利なのは電気毛布、電気座布団などです。USBから電源を取ることによって電気の力で温かさを得ることができます。普通の毛布だけだと寒いと感じることがあるでしょうが、電気のパワーがあるとかなり温かく感じれます。その他スリッパなどもあります。